ランディングページ制作にプログラミングの知識は必要ない

ランディングページの内容はセールスするつもりの対象によってまったく違うものになって然りですが、ランディングページを利用する目的は「一人でも多くの人にコンテンツの存在を知ってもらうため、」です。要は、「コマーシャルをする」ということが目的であり、それ以外にはランディングページを作成する意味は特にありません。

ランディングページの利用方法はそれぞれで異なります。たとえば、ランディングページを使ってセールスプロモーションを行うサービスの詳細を説明する場合もあれば、サービスのウリとなる部分と利用者の声などを一緒に掲載して購買意欲を刺激するような方法もあります。最終的に目的が達成できれば何の問題もないのですが、ランディングページを作りたいなら基本知識を身に付けるような意識が必要です。

ランディングページを作成するためには、まず「インターネット上に独自のコンテンツを作成する技術」を学ぶ必要があります。通常、WEBコンテンツを作成するためには「プログラミング言語」を覚える必要があります。プログラミング言語が必要だとは言っても、高度なアプリケーションを構築するようなプログラミング技術が必要なわけではありません。「HTML」「JAVA」など関する基本的な知識さえ身についていれば、後は何とでもなります。

また、明確なプログラミング言語の知識がまったくない状態だとしても、手段を選べば高いクオリティのランディングページを作成することもできます。ただ、必ずしもプログラミングの知識を持っている必要はありませんが、多少の知識を持っていればより効率良くコンテンツを作成することができます。かてて加えて、効果的に成果を分析するための準備をすることもできるようになります。

分かりやすい方法を挙げると、「Wordpress」を利用してコンテンツを作成する方法があります。Wordpressとは、いわゆる「ブログ作成アプリケーション」なのですが、一般的に知られているようなブログを作成するだけではありません。一般的なスタイルのブログコンテンツを作成することはもちろんできますが、オーソドックスなWEBコンテンツを作成することも問題なく可能です。

むしろ、HTMLの知識を勉強して一からすべてを作り上げるよりも、Wordpress対応のサーバーを利用した方が圧倒的に効率よくコンテンツを制作することができます。「感覚的にコンテンツを作成できる」というのがWordpressの特徴の一つでもあるので、初心者から熟練者まで幅広く利用できるツールとして非常に人気があります。

WordPressでランディングページを作成する方法としては、まずサーバーを準備する必要があります。ただ、自分自身でサーバーを構築する必要があるわけではなく、「レンタルサーバー」を利用することができます。何らかの理由で膨大な情報を独自に運用する必要があったり、独自にサービスを提供するつもりならば自社サーバーを構築することも必要ですが、一般的にはまず必要はありません。

レンタルサーバーに場所を借りてコンテンツを作成し、そのサービスの中でできる範囲のコンテンツを運営していくだけでも十分なクオリティのコンテンツを制作することができます。レンタルサーバーには、無料で利用できるサービスを有料のサービスがありますが、特に大きな容量のコンテンツを制作するつもりがない場合やシステムを制限されていても問題がないのであれば、無料サーバーでも最初のうちは問題ありません。

運営しているコンテンツが広く認知されるようになり、多くの人が同時に利用する状況になった場合は無料サーバーでは不十分になる可能性もありますが、よほど大きなコンテンツに成長しない限りは無料のままでも十分に対応することも可能です。ただ、最終的には「独自ドメイン」の価値が重要になってくるため、きっかけとしては無料サーバーで問題ないもののできるだけ早期に有料サーバーに移行する準備を進めることも必要です。

ただ、Wordpressを利用している場合は、簡単にコンテンツの移動(通称「引越し」)を行うことができます。独自のHTMLなどで構築されたコンテンツの場合は、それぞれのサーバーごとに設定を変更しなければ流用することができない場合も多いですが、Wordpressの場合は仕様が共通しているのでそのまま簡単に引越しをすることができます。引っ越しが不要な環境なら問題ありませんが、仮に必要になったときにもメリットがあることはWordpressの特徴です。

WordPressは「直観的な操作」を行うことが可能です。たとえば、パズルのようなイメージでコンテンツを配置することができるので、【プログラミングに関する知識がまったくない状態でも十分なコンテンツが作成できる】という特徴があります。