ポータルサイトのランディングページの重要性


ユーザーが初めに訪れるサイトをポータルサイトと呼んでいますが、このサイトのランディングページがニーズに合っていれば、本サイトへの流入も多くなります。また、優れたワイヤーフレームで作られたランディングページなら、本サイトへの誘導率も上がります。しかしポータルサイトをインターネット上にアップしたものの、資料請求の数は増えたが実際の購入には結び付かなかったというケースも見られます。従って、実際に売れるワイヤーフレームを制作することが重要です。ユーザーの目的に合った便利なポータルサイトであれば、サービスや内容、価格などを検討してから本サイトに移動するため、コンバージョン率も向上します。

またランディングページで使うキャッチコピーは、単に商品の特徴を伝えるだけでなく、その商品を購入するとどうなるかといったベネフィットを強調したものがベストです。買った後の状態に焦点を当てたキャッチコピーは、サイト訪問者の欲求を十分刺激します。それでもコンバージョン率が低いままなら、ランディングページへのトラフィックの流入源を調査することが推奨されます。検索エンジンやメールマガジン、SNSなど、どのトラフィックをターゲットにするかによって、コンテンツも異なってきます。またコメント機能をつけて、購入者の実体験や感想を自由に書けるようにすることも有効です。口コミ情報は、その商品の良さの社会的裏付けになります。ただし荒らしに合わないために、コメントは承認制にすると良いです。その他、成果が出ない場合、集客のプラットフォームを変更することもおすすめです。

またWEBサイトでは、目線がZの字を描いて移動することがわかっています。まず上部の左側に視線が行き、Zラインで読み進められます。従ってそのライン上に、インパクトのあるキャッチコピーや画像を入れると、訪問者の記憶に残りやすいです。さらに視線はFライン上を動くことも多いので、左側に印象的な小見出しを入れるのも良い方法です。そして使用する画像は、内容とマッチしたものを選ぶべきです。関連性の薄い画像を用いると、ユーザーの興味が一気に薄れます。その他、本サイトに移動するアクションボタンの色には、一般的に目立つという理由から赤色が使われる傾向にあります。しかし安心感を与える色として、緑色も効果的です。最近の調査では、赤色より緑色の方がクリック率が高いという報告もあります。

売れるランディングページを制作するポイント


売れるランディングページには理由があります。それは一言で言えば「顧客の心をつかむ」ことと言えます。ですが、より具体的なポイントを言うなら、それは「顧客に対して、適切な情報を提供する」ということになります。この適切な情報こそが、ランディングページの存在意義を特徴づける重要な要素です。この場合の情報とは、「なにを伝えるか」も重要ですが、「どう伝えるか」がより重要になります。とくに情報を伝える順序というのが、ランディングページでの訴求において極めて重要なポイントです。ホームページと違い、ユーザーに提示する情報の順序がスクロールの順序として決まっていますので、とりわけ情報の順列がカギとなります。
最も重要なのは、最初にロードされるファーストビューです。ユーザーはファーストビューを見て、その後続きをスクロールするかどうかを決断します。また、このファーストビューの印象で、すでに商品や企業に対する親近度や好感度も、たとえ無意識的にせよ、かなり多くの部分が決定しています。したがって、ファーストビューでの訴求ポイントは、商品が何であるかといったわかりやすさ、そして商品に対する第一印象が重要です。実際には、画像やフォント、色合いといったデザイン的な要素が、ユーザーのその後の行動を大きく左右します。ファーストビューでの第一印象が思わしくないと、ページ離脱率が高くなってしまいますので、デザイン的要素に加えて、印象的で適切なコピーが重要になります。ファーストビューでユーザーを掴むことが出来ることが、売れるランディングページの必須条件と言ってよいでしょう。
ファーストビューで成功したら、その後はユーザーが目的のアクションを起こすまで、順序良く情報を提示することがポイントになります。たとえば、イラストや漫画を取り入れることは、商品をわかりやすく伝えるための有効な選択肢です。また、商品の価格を提示するタイミングも十分に考慮する必要があります。価格提示が遅すぎると、ユーザーは「わかりにくい」と判断して他のページに離脱するかもしれません。価格提示のチャンスは一度だけではないので、最初の価格オファーは比較的早めに行ってもよいでしょう。ユーザーはランディングページに対して、常に「わかりやすさ」を期待していますので、わかりやすいLPを作るというのが、ランディングページ制作の一つの指標となるでしょう。

ペットショップのランディングページ制作に重要なワイヤーフレーム


ペットショップのランディングページを作る場合、競合他社のリサーチをしっかり行うことが大切です。例えばユーザーが、ペットショップというキーワードで検索エンジンを使った場合、ペットショップのホームページが複数表示され、そこでまず判断されます。そのペットショップ独自の特徴が表現できていれば、ユーザーを誘導できますが、似たり寄ったりであれば、ユーザーはすぐに離れてしまいます。そのためランディングページを作る際は、他のショップとの比較も重要です。

次に、ペット用品がほしいと思って検索したユーザーが、ペットショップにたどり着いてしまうようなことは避けなければなりません。逆に柴犬を飼いたいと思った人が、ペットショップではなく犬用のドライフードのページを開いてしまう場合なども好ましくありません。しかし訪問者の目的を絞れるようなランディングページであれば、高いコンバージョン率が望めます。ランディングページの最適化はLPOと呼ばれますが、適切なLPOを行うことが収益の増加につながります。またペットの購入や資料請求、店舗への問い合わせなどのアクションにつながるためには、見やすいランディングページを作ることが必要不可欠です。それには、しっかりしたワイヤーフレームを作成しなければなりません。ワイヤーフレームとはレイアウトの下書きに相当するもので、設計図とも言えます。

まずランディングページの作成には3つの工程があり、それはワイヤーフレーム設計とデザイン、コーディングです。中でも最も時間がかかるのがワイヤーフレームの設計で、収益が上がるページになるかどうかは、この設計にかかっています。そのためワイヤーフレームが悪いと、仮に優れたデザインであっても成果が得られないことになります。
それにはターゲット像を明確にすること、ユーザーが使う検索ワードを予測することが重要です。またニーズに合ったランディングページに仕上げるには、広告の品質スコアを高めたり、流入キーワードを調査したりすることも必要です。流入経路やキーワードを調査するには有料のツールの他に、無料版もあるため便利です。そしてこのような下準備を行った後で、ページ全体の大きな流れを決定します。コンテンツを並べて、優先順位を決めるのも良い方法です。また訪問者の最初の印象を決めるファーストビューは、最も大切なページの顔と言えるため、慎重にコンテンツを決めなければなりません。

ページタイトル変更やアナリティクスによる分析でランディングページを最適化する


WEBマーケティングで収益をアップさせるには、ターゲットに合わせたランディングページの最適化が必要です。実際、ランディングページのページタイトルを変更しただけで、コンバージョン率が向上した例も多いです。また女性をターゲットに絞り込んだサイトなら、かわいいランディングページのデザインにすることも重要です。ワイヤーフレームとデザインの変更で、投資収益率が上がることがよくあります。しかしページタイトルやデザインを変更しても、思うようにコンバージョン率が上がらない場合には、現状を分析してどこがネックになっているのか、原因を探る必要があります。そのためには、アクセス解析ツールを用いるのが一般的です。特にスクロールで読み進む縦長のランディングページの場合は、Googleアナリティクスの利用が適しています。

Googleアナリティクスを使えば、サイトのもっている特徴とともに、弱点を見つけ出すことができます。有料版もありますが、基本機能は無料版に十分揃っています。例えば、サイトの訪問者数や使用されたデバイス、さらにどこから訪問者が訪れたかがわかります。そのためSNSで広告した場合など、SNS経由で訪れた訪問者の増加を見ることで、その広告の効果が判断できます。またGoogleアカウントがあれば、Googleアナリティクスの利用登録は簡単です。登録が終わればサイトのURLを入力することで、トラッキングコードが取得できます。このコードをサイトに設置しておけば、データの収集が可能になります。

またGoogleアナリティクスには、コンバージョンメニューという便利な機能が付いています。この機能を利用すれば、商品購入や会員登録、資料請求などのアクション数を見ることができます。さらに行動メニューでは、サイト内の行動データを収集することが可能です。以上は無料のスタンダード版についてですが、月額130万円から利用できるGoogleアナリティクスプレミアムなら、導入設定サポートなどのサービスを受けられるようになります。緊急時の問い合わせ窓口なども利用可能になるため、大変便利です。またスタンダード版では月間のヒット数に上限があり、1000万ヒット以上の処理は行えません。一方、プレミアム版なら10億ヒットまで利用できます。

ランディングページで使われるペラサイトの特徴


WEB集客に用いられることの多いランディングページは、一般的にペラサイトになっています。ペラサイトとは、1ページ型のサイトのことで、ページ数が少ない ペラペラなサイトという意味から生まれた言葉です。ただし、内容が充実していないという意味ではありません。ワイヤーフレームとしては1カラムで構成され、ヘッダーもサイドバーもなく、訪れたユーザーは基本的に縦スクロールで、下まで読み進みます。最終的には、アフィリエイトリンクや商品購入ボタンをクリックしてもらうのが目的です。こういったランディングページのメリットとして、リリースの手軽さが挙げられます。1ページのみ作成すれば公開できるので、複数のジャンルやキーワードを使って大量に作ることが可能です。そして結果が良いキーワードのランディングページをさらに増やしていくことで、収益を上げていきます。WEBサイトを立ち上げるより、リスクヘッジができるのが利点です。

ただし1枚のみのペラサイトであっても、ランディングページは比較的長いストーリーが続くことが多いため、離脱させずに最後まで読ませる表現力が重要になります。またテキストだけでなく、画像や動画などを適宜配置して、訪問者を飽きさせないことが大切です。そしてランディングページの構成を考える場合は、ターゲットの目線を考え、適切な情報を整理して配置することが大切です。

ランディングページの構成要素としては、主に3つあります。まず訴求エリアのファーストビューです。ここには目立つ画像とキャッチコピーを入れます。また初めから購入目当て訪れた人のために、コンバージョンボタンを設置するのも忘れないようにします。次がボディ部分です。商品がどのようにユーザーの役に立つかを、丁寧に説明するエリアです。例えばスキンケア商品やサプリメントなら、効果効用や有効成分の具体的な情報などを伝えます。この時、リピーターの声や掲載された雑誌名なども具体的に記載すると、信憑性が増します。そして最後が、クロージングです。今、購入することで特別価格になる、キャンペーンに参加できる、といった追加情報を入れて、ユーザーの心を盛り立てます。またこのエリアには、コンバージョンボタンを大きめのサイズで設置して、ユーザーのアクションを誘導します。サンプル提供や問い合わせ窓口なども、このエリアに記載すると効果的です。

ランディングページにポップを使用するのも効果的


ランディングページは一目で訪問者の関心を引き付ける必要があります。ですから、一目見て訪問者が見たくなるようなものを配置するようにします。例えばポップのようなものを持ってくるのもいいでしょう。使用するポップは説明書きがあるようなものではなく、イラストが描かれているようなものにします。これは、ランディングページでは、細かい説明書きを書くよりは、注目を集めやすいイラストなどの絵の方がいいからです。

細かい説明は関心を持った人が、ポップやリンクをクリックすることで別のページに進んだ時に見てもらえるようにするというのがいいでしょう。ランディングページというのはいわばお店の入り口だと考えるようにします。この入り口には目立つ看板などはおきますが、実際の商品などはこの入り口には全て置けるわけではありません。多くの物を入り口に集めても集客力は上がりません。ですから、看板となるものをお店の入り口に置いてまずはお店に入ってきてもらうというのがランディングページの役割ということになります。
商品をランディングページに持ってくるとお店が混雑して多くの人が入れなくなりますし、見たい商品がなかなか見つからないということになりますから、すぐに出ていってしまうお客さんも出てくることになります。
ランディングページはあくまで、人に注目をしてもらって関心を持ってもらうためのページと考えて、そこにはあまり、情報を詰め込み過ぎないようにすることが大切です。

そして、ランディングページは見やすいワイヤーフレームにしておきます。あまり、カラムを区切り過ぎないようにしましょう。あまり多くの区切りがあると見やすくならないからです。多くの商品を見せたい、多くの情報を診てもらいたいということで、全てをこのページにつぎ込んでいくというのではなく、段階をもってお客さんには興味を持ってもらうことが出来るようにするのが多くの人を引き付けるコツです。
シンプルなサイトと複雑なサイトとでは確実にシンプルなサイトに人が集まりやすいということがいえます。ですから、出来るだけランディングページはシンプルに作るようにします。ポップのような目立つ広告を全体に押し出して、後は索引があるという程度でもいいわけです。常連さんになると、自分の行きたいページはお気に入り登録などをして、すぐにそこに行けるようにしますから、このページはシンプルさを追求するようにします。

ランディングページにポップアップを使用するのも効果的


ランディングページにポップアップを使用するのも効果的です。というのはポップアップは画面に急に出てくることになる広告方法ですから、まずこれに視線がいくようになります。視線を集めるという意味では少々強制的な方法ではありますが、間違いなく注目を集めることが出来る方法ですから、まずはこれで訪問者の視線を誘導することが出来るようになります。

ランディングページで最も大切なことは、訪問者に興味を持ってもらうことです。つまり、ランディングページというのは視聴者がこれからサイト内に入っていくことになるのか、それとも興味を失って出ていくのかの境界線となるものだということを知っておく必要があります。サイト内にどれだけ有意義なことが書いてあってもこのページを見て興味を失えば、訪問者はそのページを見ることなくサイトから去っていくことになるということです。ですから、まずはこのページで訪問者の興味を引くということがランディングページの最大の役目ということになるでしょう。

そのためには、興味を引いてもらいやすいものに視線を誘導する必要があります。一口にランディングページといっても、かなりの情報量があることが多く、訪問者がどこに注目するのかは人それぞれです。ですが、このポップアップを使用すると視線をそこに誘導することができますから、これで最も人が興味を持ってくれそうなものをアピールすることが出来るようになります。出来ることならポップアップは動きのあるものにして、人の興味を湧き立てるようにするのがいいでしょう。動きがあるものにはどうしても人は見入ってしまうとうことがあるからです。人は動きのあるものは、それが何かを判断しようとする働きがあります。これは本能から来る働きですから、人の趣味嗜好などで左右されることはありません。ほとんどの人が動きのあるものに対してまずは、そこを注目するようになります。
例えばアニメーションのようなものをポップアップに使用して、広告のようなものをするのもいいでしょう。アニメーションのいいところは、わかりやすくて瞬間的に好意を引き出してくれやすいというところです。動画もいいのですが、わかりやすいという点ではアニメーションは抜群です。何しろピンポイントで情報を伝えるようなことも出来ますし、これまでの経験でアニメーションはわかりやすいというイメージを持っている人がほとんどですから、アニメーションはかなり効果的に使用できます。

ポータルサイトのランディングページとワイヤーフレーム


ポータルサイトは、ユーザーに対して様々な情報を的確に提供するためには欠かせない要素がいくつもあります。
通常のホームページとは異なり、多彩なホームページや情報の窓口とも言えるポータルサイトを構築する上では、ユーザービリティーの高さは必要不可欠な要素です。
一般的なウェブページと異なり、より多彩で魅力的な情報を多く扱う為に、失敗するとごちゃごちゃとしたレイアウトになって見づらくなってしまうリスクもあります。
この為、文字のポイントを変えたり、配色を工夫したり、どのページにどの情報、コンテンツ、機能を盛り込むかなどの配慮をするのも大切ですが、中でもワイヤーフレームをしっかりと構築する事は欠かせません。
ワイヤーフレームは、ページ内におけるレイアウトの骨組みのようなもので、これの構築が失敗ですと、見づらいページが出来上がってしまいます。
見づらい場合、ユーザーからの支持を集めるには不利ですから、最終的に運営にも関わってきます。
では、ポータルサイトに適したワイヤーフレームを考えるにはどうするかと言えば、これは、簡単に答えが出るものではありません。
通常のページでは2カラムや3カラムが多くなっていますが、ポータルサイトでは、1カラムも選択肢となってきます。
複数カラムではナビゲーションやキャンペーンなどの情報を表示するのに適していますが、これでは、メインコンテンツである他のページへのリンクや案内と言ったものにスペースを割けない場合も出てきます。
扱う情報が幅広いほど、どのようにコンテンツを見せていくかということは複雑になってきますので、ある程度規模が大きなページの運用を考える際には、プロに相談してみるのも悪くないでしょう。
また、ポータルサイトの運営では、意外かもしれませんが、ランディングページの利用は考えておきたい選択肢となります。
登録しようとしているホームページオーナーに向けた提案やプロモーションを的確に、効率良く行うには、別にランディングページを用意しておいたほうが、コンバージョン率の向上が期待できます。
ポータルサイトでは集客と同時に、登録してくれるホームページを探すことも欠かせない作業となります。
言わば、登録してくれるホームページが、そのままメインコンテンツとなってきますので、ランディングページには積極的に投資しておくのも悪くはありません。
自身のページの魅力も伝えやすしですし、信頼感を増すという点においても有用です。

ランディングページ制作にはポートフォリオのチェックが不可欠です


ランディングページを制作する際には、ポートフォリオ(作品集のことをいいます)を参考にすることがとても重要です。

まず、ランディングページを自社で制作する場合を考えてみましょう。この場合、デザインをどのようにするかを決定することは意外に時間がかかるものです。しかし、さまざまなランディングページを参照することによって、デザインの骨格が決まりやすくなることは間違いありません。もちろんパクリは禁物ですが、大いに参考になります。全く異なる商品やサービスのランディングページの中にもヒントになることはたくさんあります。例えば、ファーストビューではどのような画像を用いているのか、どんな見せ方をしているのかは、業種に関係なく参考になります。また、最近では情報量をコンパクトにまとめているランディングページも増えてきています。この場合、どういうコンテンツを準備していて、情報量はどの程度なのか、というような情報収集も可能です。加えて、複数のページを参考にして、各ページの長所を組み合わせることもできます。ちなみに、インターネット上には優れたランディングページを集めたポートフォリオサイトがあります。ぜひ、参考にしてみてください。

一方、ホームページ制作会社に依頼するケースでは、その会社が持つポートフォリオを細かくチェックすべきです。なぜなら、その制作会社が持つ強みがわかるからです。制作会社では、自社のポートフォリオをホームページに掲載していることがほとんどです。特に、実績が豊富な制作会社であればあるほど多くの作品が掲載されています。そして、このポートフォリオ集をチェックすると以下のような情報を収集することができます。

まずは、その会社がどういう業界のランディングページに関わっているかを把握することができます。もし、同じ業界、あるいは近い業界のページ制作に関わっているようでしたら、スムーズな制作が期待できると言えるでしょう。また、幅広い業界に関わっているようでしたら、その分色々なアピールの仕方をノウハウとして持っている可能性が高いと言えます。続いて、どういうターゲットに訴求できる内容かを把握することが可能です。20代女性をターゲットにするページと、50代男性をターゲットにするページではだいぶデザインテイストも異なってきます。掲載すべきコンテンツもガラリと変わってしまうことでしょう。どういう属性に強みがあるのかを把握することも非常に重要です。その他にも、デザインのバリエーションやバナーのクオリティの高さ、使い勝手の良さなどを把握することも可能です。

ランディングページでペナルティを回避する


失敗しないランディングページ制作なら
ランディングページとは、日本語におこすと着地ページで、ユーザーが最初に訪問するページのことを言います。また、ランディングページを最適化して、効果を高める作業自体のことを指すこともあります。では、具体的に、ランディングページとはいったいどのようなものなのでしょうか。ランディングページの特徴は大きく5つあります。それは、リンクが無いこと。縦長のページで、閲覧するには縦スクロールが必要であること。テキストより、イメージ画像を多用すること。デザインが派手であること。ボタンサイズがやたらと多きことです。このような特徴になるには理由があります。
ホームページには通常リンクがあり、リンクをクリックすることで違うページに飛んでいきますが、ランディングページは、そのページだけで完結していますので、1ページに全ての内容が集約されています。つまり、ページ内で情報を網羅
しなければいけないので、縦スクロールが必要なほど縦長の構成になってしまうのです。そして、わかりやすくするために画像を多用して派手な造りにする必要があります。
ここで、ページ作成において、ペナルティなるものが存在することに留意しなくてはいけません。ページは検索エンジンに検索してもらうことで価値が上がるものですが、規定にひっかかってしまうと、検索されにくくなるどころか、ペナルティが課されてしまうのです。ここで一例をあげますが、誘導ページというSEOスパムがあります。これは、ユーザーを特定のサイトに誘導したり、資料請求などをさせたりすることだけを目的に作られた、ユーザーに独自の価値を提供していないページのことを言います。よくある情報商材の販売のサイトがこれにあてはまります。ペナルティにかかってしまうと、大幅に検索順位が下がってしまいます。さらに、解除まではいつまでかかるということは明記されておらず、数週間要することもあります。これは、サイト運営をする側にとっては大きな痛手です。いつまでに復旧するかわからないような状態では、十分に集客が見込めないからです。
では、このようなことに陥らないためにはどうすればいいのでしょうか。それは、サイト運営をするにあたり、規定をしっかりと把握するほかありません。代表的なことは限られていますので、十分理解できる内容になっています。