プロバイダがランディングページを活用するポイント


インターネットプロバイダの商戦は激化を続ける一方であり、通信費を削減しつつ安定で高速の通信をできるようにしたいというユーザーの期待に応えるために各社が悪戦苦闘しています。そのような中で新たに新参の会社として業界入りをする企業や、新たな料金体系を生み出して他社との競争に勝とうと画策する企業も少なくありません。新たなサービスを展開してユーザーを獲得するためのマーケティング手法として検索エンジン最適化やリスティング広告などを活用してウェブを介したマーケティングを行うのは主流になっています。この方法でランディングページに来てもらい、申し込みをしてもらえるようにするにはデザインの工夫が欠かせません。

プロバイダがランディングページを活用してユーザー獲得を目指すときには、前提として既にある程度の満足をしているプロバイダを利用してきた人がランディングページを見るということを前提にする必要があります。ファーストビューで内容を確認する価値があると判断してもらえなければ、数秒のうちに離脱されてしまうことになるのです。プロバイダの選択をする上で重要視されている点は費用、速度、安定性の三つの要素であり、そのどれかデメリットがあると一目瞭然でなければランディングページを制作しても成果が上がりません。ファーストビューでまず新たなサービスのメリットとしてこの三つのどれかを訴えかけることが必要になります。

基本的なワイヤーフレームは他の業種のものと同じですが、重要視しなければならないのが競合他社との比較です。十分な分析を行って費用、速度、安定性のどれかで客観的なデータを示せるようにしておくことが欠かせません。このような分析をした上で成果の出るLP制作をするには専門業者に最終的なレイアウトを考案してもらった方が安全策です。同じ業界内で競合他社のサービスについて分析していると見落としをしやすいことから、独自に市場調査も行ってくれる専門業者に依頼した方が確実に差異を出せるサービスを提供できます。それによって魅力を訴えかけられるランディングページに仕上げることができれば着実にユーザーを獲得することが可能です。インターネットを使うのが常識化されている世の中だからこそ、既存のものに比べて明らかなメリットをわかりやすく伝える必要性が高いのです。

コメントを残す