スマートフォンを考えたランディングページを作る時のポイント


スマートフォンを考えたランディングページを作る時のポイントはあまり詰め込み過ぎないようにすることです。どうしても多くの物を見て欲しいという欲求がありますから、ランディングページに多くのものを詰め込みたくなるものですが、これはかなりイメージを悪くすることが多いといえます。特にスマートフォンのように画面が小さいもので見る場合には、多くの物を見せるということは考えない方がいいでしょう。メインとなる分かりやすいものが画面の中心にくるようにするのが基本とするのがポイントです。

ランディングページというのは、サイトに訪問者を引き付けるための入り口となるものです。その入り口にいろいろなものがあってはなかなか入りにくいものとなってしまうということです。入り口には分かりやすいイラストやアニメ、ポップなどを使用して出来るだけシンプルで人の興味を引くものを使用するのがいいでしょう。ここで繊細で綺麗な動画や静止画を使うということも一つの方法ではありますが、動画や静止画というのは、かなり多くの情報を持っているのでこれを見て興味を持ってもらえるのかどうかということを考えるようにする必要があります。あまりに多くの情報を入れすぎるとこれは敬遠されることにも繋がります。ですから、まずランディングページはわかりやすさというものを強調するような感じで考えるようにします。ですから、レイアウトも複雑でいろいろなところにコンテンツがあるようなことは避けて、シンプルになっているようにしましょう。シンプルイズベストはランディングページにこそいえることです。

最近はほとんどの人が、スマートフォンのようなモバイル端末でサイトを見るようになってきていると考えるべきです。パソコンなどもありますが、既にモバイル端末で見られることの方が多いと考えてもいいでしょう。ということは、パソコンのマウス操作ではなく、モバイル端末でタップするよう動作でサイトを訪問してくるということを考えるようにします。言うまでもなくタップというのは、マウスでいうピンポイントでの操作ではなく、指の腹で操作をする動作です。ですから、パソコン操作の時のように繊細にところをクリックするようなことはしないようにする必要があります。画面のある特定の個所をピンポイントでクリックするようなことではなく、指の腹で場所を選んでいくような動作になることを考えて、サイトを作り込む必要があります。当然ランディングページもこれを考慮して作ることになります。

コメントを残す