ランディングページを成功に導くペルソナの活用


ランディングページを成功させるためには将来を見据えた深い先見性が必要となります。このような「将来の読み」を策定するにあたっては、様々な手法がありますが、その基本となるのは、ユーザーがランディングページを訪れてどのような行動を取るか、あるいは、どのようなことをランディングページに期待しているかを見極めることです。この決定要因として極めて重要になるのが、「ユーザーとは誰か」ということです。
ランディングページを訪問するユーサーには様々な人物像が想定できます。関連商品についての知識をこれから得たいと思い、Googleで検索したユーザーが訪問するかもしれません。あるいは、もうある程度商品の知識を持っており、具体的な商品を選定した上で訪問するユーザーもあるでしょう。この例のようなユーザーは「そのうち買うかもしれない」場合と、「いますぐ買いたい」という場合に分けられます。さらに、このようなユーザー像を追求していくと、ユーザー像が数限りなく膨らんでいきます。これに対応するには、単純に考えれば、「誰にでも受け入れられるサイト」を作れば良いということになりますが、「誰にでも受け入れられるもの」というのは、結局は誰にも受け入れられないものに陥ってしまいます。重要なのは明確に「誰か」を想定して、確実に情報を訴求することです。すなわち、購買可能性の高いユーザー像を絞り込んで、商品とのマッチングを最大限に引き出す必要があります。
このときに有用なのが、ユーザーを代表する人物像を設定することで、この絞り込んだ人物像をペルソナと呼びます。ペルソナは漠然としたユーザー像ではなく、リアリティのある明確なユーザー像である必要があります。趣味や家族構成といった属性が必要なのはもちろんですが、年齢や勤続年数、職歴、所在地、通勤時間、あるいは使っているスマートフォンのOSバージョンなどを含めた、極めて具体的な属性を設定します。このようにペルソナを明確に定義することで、ランディングページに必要なコンテンツ構成や企画の切り口、さらにはデザインの方向性といったものまでを含めて、ペルソナが具体的なアクションを起こすようにランディングページを制作します。これが、将来を見据えた深い先見性を支える土台となります。ペルソナを活用することは、ランディングページを作った後に具体的な成果を上げる非常に有効な手段です。

コメントを残す