ランディングページでペナルティを回避する


失敗しないランディングページ制作なら
ランディングページとは、日本語におこすと着地ページで、ユーザーが最初に訪問するページのことを言います。また、ランディングページを最適化して、効果を高める作業自体のことを指すこともあります。では、具体的に、ランディングページとはいったいどのようなものなのでしょうか。ランディングページの特徴は大きく5つあります。それは、リンクが無いこと。縦長のページで、閲覧するには縦スクロールが必要であること。テキストより、イメージ画像を多用すること。デザインが派手であること。ボタンサイズがやたらと多きことです。このような特徴になるには理由があります。
ホームページには通常リンクがあり、リンクをクリックすることで違うページに飛んでいきますが、ランディングページは、そのページだけで完結していますので、1ページに全ての内容が集約されています。つまり、ページ内で情報を網羅
しなければいけないので、縦スクロールが必要なほど縦長の構成になってしまうのです。そして、わかりやすくするために画像を多用して派手な造りにする必要があります。
ここで、ページ作成において、ペナルティなるものが存在することに留意しなくてはいけません。ページは検索エンジンに検索してもらうことで価値が上がるものですが、規定にひっかかってしまうと、検索されにくくなるどころか、ペナルティが課されてしまうのです。ここで一例をあげますが、誘導ページというSEOスパムがあります。これは、ユーザーを特定のサイトに誘導したり、資料請求などをさせたりすることだけを目的に作られた、ユーザーに独自の価値を提供していないページのことを言います。よくある情報商材の販売のサイトがこれにあてはまります。ペナルティにかかってしまうと、大幅に検索順位が下がってしまいます。さらに、解除まではいつまでかかるということは明記されておらず、数週間要することもあります。これは、サイト運営をする側にとっては大きな痛手です。いつまでに復旧するかわからないような状態では、十分に集客が見込めないからです。
では、このようなことに陥らないためにはどうすればいいのでしょうか。それは、サイト運営をするにあたり、規定をしっかりと把握するほかありません。代表的なことは限られていますので、十分理解できる内容になっています。

コメントを残す