ランディングページ制作にはポートフォリオのチェックが不可欠です


ランディングページを制作する際には、ポートフォリオ(作品集のことをいいます)を参考にすることがとても重要です。

まず、ランディングページを自社で制作する場合を考えてみましょう。この場合、デザインをどのようにするかを決定することは意外に時間がかかるものです。しかし、さまざまなランディングページを参照することによって、デザインの骨格が決まりやすくなることは間違いありません。もちろんパクリは禁物ですが、大いに参考になります。全く異なる商品やサービスのランディングページの中にもヒントになることはたくさんあります。例えば、ファーストビューではどのような画像を用いているのか、どんな見せ方をしているのかは、業種に関係なく参考になります。また、最近では情報量をコンパクトにまとめているランディングページも増えてきています。この場合、どういうコンテンツを準備していて、情報量はどの程度なのか、というような情報収集も可能です。加えて、複数のページを参考にして、各ページの長所を組み合わせることもできます。ちなみに、インターネット上には優れたランディングページを集めたポートフォリオサイトがあります。ぜひ、参考にしてみてください。

一方、ホームページ制作会社に依頼するケースでは、その会社が持つポートフォリオを細かくチェックすべきです。なぜなら、その制作会社が持つ強みがわかるからです。制作会社では、自社のポートフォリオをホームページに掲載していることがほとんどです。特に、実績が豊富な制作会社であればあるほど多くの作品が掲載されています。そして、このポートフォリオ集をチェックすると以下のような情報を収集することができます。

まずは、その会社がどういう業界のランディングページに関わっているかを把握することができます。もし、同じ業界、あるいは近い業界のページ制作に関わっているようでしたら、スムーズな制作が期待できると言えるでしょう。また、幅広い業界に関わっているようでしたら、その分色々なアピールの仕方をノウハウとして持っている可能性が高いと言えます。続いて、どういうターゲットに訴求できる内容かを把握することが可能です。20代女性をターゲットにするページと、50代男性をターゲットにするページではだいぶデザインテイストも異なってきます。掲載すべきコンテンツもガラリと変わってしまうことでしょう。どういう属性に強みがあるのかを把握することも非常に重要です。その他にも、デザインのバリエーションやバナーのクオリティの高さ、使い勝手の良さなどを把握することも可能です。

コメントを残す