ランディングページで使われるペラサイトの特徴


WEB集客に用いられることの多いランディングページは、一般的にペラサイトになっています。ペラサイトとは、1ページ型のサイトのことで、ページ数が少ない ペラペラなサイトという意味から生まれた言葉です。ただし、内容が充実していないという意味ではありません。ワイヤーフレームとしては1カラムで構成され、ヘッダーもサイドバーもなく、訪れたユーザーは基本的に縦スクロールで、下まで読み進みます。最終的には、アフィリエイトリンクや商品購入ボタンをクリックしてもらうのが目的です。こういったランディングページのメリットとして、リリースの手軽さが挙げられます。1ページのみ作成すれば公開できるので、複数のジャンルやキーワードを使って大量に作ることが可能です。そして結果が良いキーワードのランディングページをさらに増やしていくことで、収益を上げていきます。WEBサイトを立ち上げるより、リスクヘッジができるのが利点です。

ただし1枚のみのペラサイトであっても、ランディングページは比較的長いストーリーが続くことが多いため、離脱させずに最後まで読ませる表現力が重要になります。またテキストだけでなく、画像や動画などを適宜配置して、訪問者を飽きさせないことが大切です。そしてランディングページの構成を考える場合は、ターゲットの目線を考え、適切な情報を整理して配置することが大切です。

ランディングページの構成要素としては、主に3つあります。まず訴求エリアのファーストビューです。ここには目立つ画像とキャッチコピーを入れます。また初めから購入目当て訪れた人のために、コンバージョンボタンを設置するのも忘れないようにします。次がボディ部分です。商品がどのようにユーザーの役に立つかを、丁寧に説明するエリアです。例えばスキンケア商品やサプリメントなら、効果効用や有効成分の具体的な情報などを伝えます。この時、リピーターの声や掲載された雑誌名なども具体的に記載すると、信憑性が増します。そして最後が、クロージングです。今、購入することで特別価格になる、キャンペーンに参加できる、といった追加情報を入れて、ユーザーの心を盛り立てます。またこのエリアには、コンバージョンボタンを大きめのサイズで設置して、ユーザーのアクションを誘導します。サンプル提供や問い合わせ窓口なども、このエリアに記載すると効果的です。

コメントを残す