ペットショップのランディングページ制作に重要なワイヤーフレーム


ペットショップのランディングページを作る場合、競合他社のリサーチをしっかり行うことが大切です。例えばユーザーが、ペットショップというキーワードで検索エンジンを使った場合、ペットショップのホームページが複数表示され、そこでまず判断されます。そのペットショップ独自の特徴が表現できていれば、ユーザーを誘導できますが、似たり寄ったりであれば、ユーザーはすぐに離れてしまいます。そのためランディングページを作る際は、他のショップとの比較も重要です。

次に、ペット用品がほしいと思って検索したユーザーが、ペットショップにたどり着いてしまうようなことは避けなければなりません。逆に柴犬を飼いたいと思った人が、ペットショップではなく犬用のドライフードのページを開いてしまう場合なども好ましくありません。しかし訪問者の目的を絞れるようなランディングページであれば、高いコンバージョン率が望めます。ランディングページの最適化はLPOと呼ばれますが、適切なLPOを行うことが収益の増加につながります。またペットの購入や資料請求、店舗への問い合わせなどのアクションにつながるためには、見やすいランディングページを作ることが必要不可欠です。それには、しっかりしたワイヤーフレームを作成しなければなりません。ワイヤーフレームとはレイアウトの下書きに相当するもので、設計図とも言えます。

まずランディングページの作成には3つの工程があり、それはワイヤーフレーム設計とデザイン、コーディングです。中でも最も時間がかかるのがワイヤーフレームの設計で、収益が上がるページになるかどうかは、この設計にかかっています。そのためワイヤーフレームが悪いと、仮に優れたデザインであっても成果が得られないことになります。
それにはターゲット像を明確にすること、ユーザーが使う検索ワードを予測することが重要です。またニーズに合ったランディングページに仕上げるには、広告の品質スコアを高めたり、流入キーワードを調査したりすることも必要です。流入経路やキーワードを調査するには有料のツールの他に、無料版もあるため便利です。そしてこのような下準備を行った後で、ページ全体の大きな流れを決定します。コンテンツを並べて、優先順位を決めるのも良い方法です。また訪問者の最初の印象を決めるファーストビューは、最も大切なページの顔と言えるため、慎重にコンテンツを決めなければなりません。

コメントを残す