売れるランディングページを制作するポイント


売れるランディングページには理由があります。それは一言で言えば「顧客の心をつかむ」ことと言えます。ですが、より具体的なポイントを言うなら、それは「顧客に対して、適切な情報を提供する」ということになります。この適切な情報こそが、ランディングページの存在意義を特徴づける重要な要素です。この場合の情報とは、「なにを伝えるか」も重要ですが、「どう伝えるか」がより重要になります。とくに情報を伝える順序というのが、ランディングページでの訴求において極めて重要なポイントです。ホームページと違い、ユーザーに提示する情報の順序がスクロールの順序として決まっていますので、とりわけ情報の順列がカギとなります。
最も重要なのは、最初にロードされるファーストビューです。ユーザーはファーストビューを見て、その後続きをスクロールするかどうかを決断します。また、このファーストビューの印象で、すでに商品や企業に対する親近度や好感度も、たとえ無意識的にせよ、かなり多くの部分が決定しています。したがって、ファーストビューでの訴求ポイントは、商品が何であるかといったわかりやすさ、そして商品に対する第一印象が重要です。実際には、画像やフォント、色合いといったデザイン的な要素が、ユーザーのその後の行動を大きく左右します。ファーストビューでの第一印象が思わしくないと、ページ離脱率が高くなってしまいますので、デザイン的要素に加えて、印象的で適切なコピーが重要になります。ファーストビューでユーザーを掴むことが出来ることが、売れるランディングページの必須条件と言ってよいでしょう。
ファーストビューで成功したら、その後はユーザーが目的のアクションを起こすまで、順序良く情報を提示することがポイントになります。たとえば、イラストや漫画を取り入れることは、商品をわかりやすく伝えるための有効な選択肢です。また、商品の価格を提示するタイミングも十分に考慮する必要があります。価格提示が遅すぎると、ユーザーは「わかりにくい」と判断して他のページに離脱するかもしれません。価格提示のチャンスは一度だけではないので、最初の価格オファーは比較的早めに行ってもよいでしょう。ユーザーはランディングページに対して、常に「わかりやすさ」を期待していますので、わかりやすいLPを作るというのが、ランディングページ制作の一つの指標となるでしょう。

コメントを残す