スマホ向けランディングページを作成する際のポイントとは。


ランディングページを作成する目的は大きく2つに分けることができます。1つは法人に対して商品やサービスを売る場合です。この場合、パソコンからランディングページに到達する割合が非常に高い特徴があります。多くの場合、会社のパソコンから情報収集を行うからです。一方で、個人に対して商品やサービスを売りたいケースを考えてみましょう。この場合、パソコンからのアクセスとスマホからのアクセスがほぼ同じくらいと言われています。最近ではスマホの割合の方が高くなっていると言っても過言ではありません。つまり、個人に売りたい場合には、パソコン向けのランディングページだけでなく、スマホ向けのページも作成すべきということになります。

では、スマホ向けのランディングページのつくり方のポイントについて説明していきます。ポイントとなるのは、長くなりすぎないこと、表示速度を短くすること、申し込みフォームはシンプルにすることが挙げられます。それぞれ細かくチェックしていきましょう。

まず、スマホはパソコンに比べると文章を「読む」ことに適した端末ではありません。長いページをスクロールしながら読んでいくのは面倒なことです。目も疲れます。こうした特徴を踏まえると、パソコンサイトと同じように作ると離脱される可能性が極めて高いと言えます。つまり、必要な情報だけを盛り込み、できるだけシンプルに仕上げることが第1のポイントとなります。続いて、表示されるまでの速度に照準を絞りましょう。この点、スマホで表示が遅い場合は、すぐに離脱される傾向があることはさまざまな調査から判明しています。したがって、画像データを軽くしたり、少なくすることが重要となります。また、CSSやJavaScriptなどのソースコードをシンプルにすることも求められます。最後の申し込みフォームについても同様です。入力事項が無駄に多いと離脱される可能性が高まります。せっかく最後まで見てくれたユーザーを、最後の段階で手放すのは非常にもったいないことです。入力の手間が最小限になるように、考慮する必要があります。また、スマホの特徴を活かし、電話でのコンバージョンがしやすい工夫を行うことも効果的です。

このように、スマホ向けのランディングページはできるだけシンプルに作ることがポイントとなります。特に、長くならないようにするためにはアピールポイントを絞り込まなければなりません。加えて、相手に情報を的確に伝えるライティングスキルも必要となります。

コメントを残す