ランディングページとプレゼンの関係とは


ランディングページは「1つの商品やサービスを売ること」に目的を絞ったページにすべきと言われています。したがって、原則としてその商品やサービスに関する情報だけを取り入れるべきで、その他の要素は取り入れるべきではありません。そこで、ランディングページ制作がしたいという場合には、その商品・サービスに関するデータを関係者全員が共有することが極めて大切です。ちなみに、データとは集計や分析によって得られた数値(いわゆる定量データ)だけでなく、数値化できない利用者の声や口コミといったデータ(定性データ)も含まれます。そして、商品開発担当者や営業担当者が持っているこれらの情報は、制作担当者にしっかりと伝えられなければなりません。

なお、外部のホームページ制作会社に依頼する場合についても同様で、できるだけ情報を細かく伝達する必要があります。そこで、あえて制作会社に対して商品に関するプレゼンを行ってみるのも1つの有効な手段です。対象となる商品を把握した制作会社は、これから作り上げるランディングページに関する方向性を模索していきます。そして、コンセプトやデザインテイスト、掲載すべき情報などをまとめあげ、それを依頼者側にプレゼンすることとなります。また、ランディングページの制作会社をコンペ形式で選ぶケースもあるかもしれません。こうした場合は、各制作会社にプレゼンしてもらうことによって、最も優れた業者を選定することとなるでしょう。このように、ランディングページの制作とプレゼンにはさまざまな繋がりがあります。

さらに、ランディングページは完成した後にもさまざまなシーンで利用することが可能です。例えば、商品に関する営業活動が必要となった場合には、ランディングページに掲載された情報をそのまま顧客に伝えることで、商品を紹介することができます。商品説明会などでプレゼンが必要となった場合も転用する事ができるでしょう。資料としての活用もできます。このように、完成後もランディングページはさまざまなシーンで活用することができます。

ただし、色々なシーンで活用できるランディングページを作り上げるためには、先ほど述べたように各担当者の綿密な連携が必要です。その際に、プレゼンを行うことで大きな成果が出るでしょう。

コメントを残す