東京タクシー・日本交通 給料、勤務条件について

日交(にっこう)の略称でも親しまれている日本交通は、就職や転職を検討しているために東京タクシーの求人情報を探している際には、確認しておきたい会社の1つです。東京の千代田区に本社があるタクシーやハイヤーの会社で、昭和20年に設立されました。グループ全体の売り上げはタクシー・ハイヤー業界でも日本最大級の規模を誇ります。グループ内での所有車両台数は2018年7月末には6096台という、多くの車を所有する大手の東京タクシー会社です。ここではそのような日本交通の給料、勤務条件についてご紹介しています。これから東京タクシーのドライバーに転職したいと考えているのであれば、チェックしておくと良いでしょう。学歴は不問で未経験者や中高年、女性も21歳以上の方が対象となっています。ただし普通1種免許取得者を取得してから、3年以上が経過している必要があります。

日本交通の給料、勤務条件についてですが、給与は18万2000円に歩合給がプラスされた額です。未経験者の場合には1年目の平均的な給与は年収458万円となっています。配属される前の研修期間の間は、日給1万円で、交通費も支給されます。勤務地は池袋や赤羽、千住など23区内の営業所のほかに、多摩地区の営業所もある東京タクシーの会社です。ひと月には11乗務から12乗務ほどで、1乗務の勤務時間は実労15時間半から18時間となっています。このほかに3時間の求刑があり、週40時間勤務です。65歳選択定年制となっていますが、定年後も定時制雇用があるので68歳まで続けることができます。社会保険が完備されているのはもちろんのこと、年次有給休暇や特別休暇の制度もあります。全ての車がAT車なので、AT限定の人でも気兼ねなく応募することができます。

日本交通の給料、勤務条件についてご紹介しました。23区内や多摩地域で営業をしている東京タクシーのドライバーを目指しているのなら、この会社も選択肢の1つとなるはずです。関心がある場合には、それぞれの営業所に問い合わせをしたり、随時おこなわれている会社説明会に参加してみてはいかがでしょうか。二種免許が最短9日間で取得できるようになっていて、免許取得の費用も無料です。もしヘルパー2級の資格を持っていれば優遇されるので、福祉関係からの転職の場合には資格を役立てることができます。定年後の定時制雇用を利用して働いている方も400名以上いるので、長く働きたい人に向いています。