キャピタルモータース(東京タクシー会社)は給料、勤務条件からみてもおすすめの会社

タクシー業界に限らず、どのような企業に就職を考える場合でも給料、勤務条件は十分に検討するものです。この観点から考えた場合、面接を受けたい候補に入れたいのがキャピタルモータースです。理由は、キャピタルモータースは入社1年目の年収実績が他社平均より20万円程度高いからです。東京タクシー業界で働く場合、不安なのが地理と道路事情を知らない点が挙げられるのですが、入社1年目から高い年収を稼げるということは、この会社には何か独自のノウハウがあると考えるのが妥当です。東京タクシー業界には400を超える会社があり、この中で会社はドライバーの確保も行わねばなりません。ただし、東京タクシー業界に同業他社が400程度あるということでいい人材を確保するためには自分の会社の魅力を知ってもらわねばなりません。キャピタルモータースの場合、給料が高いということは大きな強みです。

次に就職の際に気になる給料、勤務条件のうちの勤務条件も見ておかねばなりません。キャピタルモータースの勤務条件は、募集条件を見ると記載があり、隔日勤務、昼日勤、夜日勤、定時制の4パターンがあります。従って自分のライフワークにあった働き方が出来ます。この中の隔日勤務の場合、1回の勤務の実労働時間は15時間で、月の勤務回数は12回となっています。ちなみに希望勤務数や希望時間は会社の方で相談にも乗ってくれますので、個々の事情に合わせた勤務も可能です。

このように給料、勤務条件の面から考えるとキャピタルモータースは東京タクシー業界の中でおすすめと言えるわけですが、他にも注目すべき点があります。それは現役ドライバーによる同乗OJT研修です。東京タクシー業界の他社でも入社時のOJT研修は他の業界同様に行われていますが、入社後にこのキャピタルモータースのようなOJT研修をしている会社はあまりありません。会社側の立場からしますとこれをやると現役ドライバーの時間も取りますし、何よりも運転手の隣に監督者のような運転手が乗っているタクシーの乗車率が普通のタクシーに比べて2~3割減るのが大きなロスになります。ただ、新人ドライバーにとってこれほどありがたいOJT研修はありません。隣に先輩ドライバーが乗ってくれるということは、業界内のさまざまな話や多くのお客さんを拾うテクニックなども聞くことが出来るからです。ちなみにこのOJTを行う現役ドライバーにはその分売上補償もきちんと会社がきちんと行っています。